Welcome to my blog

スポンサーサイト

(・∀・)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by(・∀・)

-138- プレミアムフライデー号+α

(・∀・)

よく解らない流れで始まったプレミアムフライデー。定着せずに終わるのではないかという私の予想はさておき、それを記念し新宿線で何と平日夕方に遊園地急行が走るというので撮って来ました。


ラッシュ時間帯ともあって駅では多くの人々が電車を待っている中、突如出現した帰宅ラッシュには似つかぬメルヘンチックな駅名。多摩湖線では当たり前でしょうが、ここでこの時間にこれを見るとさすがに違和感を覚えずには居られません。

非常に珍しいことに、運転台下部に特別な標識が掲示されました。継続的に使用はしないのでHMにしなかったのだと思われます。どこまでの乗客かは知りませんが、車内には着席+αぐらいの人々が見られました。果たしてプレミアムフライデーの恩恵を受けた人なのでしょうか。



謎なタイミングですが、2097Fの廃車体を見に行った時の記録を載せておきます。


ずらりと並ぶ2097Fの廃車体。既に窓ガラスが抜き取られている箇所も多く見られます。左端から2197-2198-2297-2298-2397-2097-2098-2398の順に並んでいました。


試験車は鉄道趣味者にとっては絶好の観察対象でありますが、所有者にとっては長期的には非合理の最たる例とされてしまうのはよくあること。2097Fも車齢は現役最古参の2001F(製造から40年以上が経過)より15年近く若いものの、機器の特殊性から末期は頻繁に運用を外れることも珍しくなく、比較的新しい車両であるものの明らかに扱いにくい編成となっていたようです。


クハ2025・2026の頭部。手前と奥のブルーシートにも恐らく電車の廃車体が入っていたものだと思われますが、正体は結局不明なまま時が過ぎてしまいました。
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。