Welcome to my blog

スポンサーサイト

(・∀・)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by(・∀・)

-臨11- 葬式鉄 in 北陸(2)&岐阜

(・∀・)

(1)の続き。金沢泊の翌朝、ビジホのタダ飯を食って早めに出発。この季節にしては珍しい(らしく)、朝から降雪が断続的に続いていました。


これは葬式対象ではないですが、ホテルから徒歩10分以内に有ったので見に行ってきました。駅構内の写真も撮りたかったのでこの駅で入場券を買おうとしたら「収集目的なら売らない」と言われたのですが、過去に何かトラブルでもあったんでしょうか。

こっちではそんな辛辣な言葉も言われずに普通に入れました。井の頭線3000の初期車は初見でしたが、やはり幅広の方に見慣れていただけあり、車幅が狭い初期車には違和感を覚えずにはいられませんでした。


その後は高岡まで北陸本線に乗り万葉線撮影を試みましたが、加越能時代からのボロ車は中々来てくれず。しかも諦めてJR駅に戻り、暇を持て余していた際にボロ車が来てしまうという悲しい展開に。リベンジ必須ですね。


意識が高いので名称が変更になる「富山駅前停留所」にも行ってきました。一応ここから2つ先の電停までは乗車しています。雪が降ってなければ余裕で歩いて行ったんですけどね。
ここで富山名物の黒っぽいラーメンを食して、高山線に乗車。


境界駅猪谷は大雪。ここにたどり着くまでに乗っていたキハ120は、空転を繰り返しながらも1分程度の遅れで到着してくれたので乗り継ぎは余裕でした。
駅のホームには15cmほど積もっていたので、こういう写真を撮ろうとするだけで靴が雪の中に沈み水浸しになってしまいます。そんな状況のでも社員の方は、ひたすら点字ブロックの周辺を雪を雪かきされていてとにかく頭が上がりません。

1本前の猪谷発だとキハ40だったらしいですが残念ながら間に合わず。


3時間以上ロングシートに揺られて美濃太田着。3月改正で消えるキハ11や、その後も残るが先は短いキハ40系列を中心に記録を続けました。改札口でしょうもない理由でクレームを付けるジジイが居たので、そいつに向かって舌打ちしてやったのは秘密にしておきましょう(笑)。

岐阜までは順調だったものの、そこから乗る東海道線は雪の影響で遅延していました。尤も大垣で旅程も終わるので気長に待ち、大垣の安いビジホで2日目の旅を締めくくりました。
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。