Welcome to my blog

スポンサーサイト

(・∀・)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by(・∀・)

街中での宗教勧誘にご注意を!

(・∀・)

-
駅や街中で、道を聞く訳でも何かの場所を訪ねる訳でもなく突然話しかけてくる人は、宗教勧誘の可能性があります。
ここでは私が出会った宗教勧誘の手口を皆様に分かりやすくお伝えし、この記事を読んで下さった皆様が、本意に反して宗教に入信させられないように微力ながらお手伝いさせて頂きたく思います。
・ケース1 駅にて
人もまばらな夜の某駅上り方面行きホーム。イスに座ってボーっとしている所に、一人の見知らぬ女性が話しかけてきます。
彼女が発した言葉は「新井●師前駅までは、どうやって行けばいいんですか?」という一言。この後に丁寧に行き方を教えると、「何年生か」「どこの学校に通っているか」「部活は何部か」などのように、プライベートに漬けこむかのような気持ち悪い質問を浴びせてきます。
そして会話の途中で、息子が某宗教団体の系列小→中→高→大と進学してきたことを暴露。電車に乗った後も身の上話をし続けてきますが、私が電車を降りるときは「ありがとう」とだけ言い、付いてくるようなことは有りませんでした。

・ケース2 街中にて
人通りが多い某若者の街をふらついていると、突然後ろから「すいません!」との声。立ち止まるとそこには大学生風の男性2人が居て、「この辺の良いレストランを教えてくれ」と言われます。勿論若者の街ということで、レストランは腐るほどあり口頭だけでは説明しきれませんので、レストランに私をブチ込んで長話でもする予定だったのでしょう。
ここで分からないとウソをつくと、「何年生か」「どこの学校に通っているか」「部活は何部か」などのように、プライベートに漬けこむかのような気持ち悪い質問を浴びせてきます。そして将来の展望・希望についても話をさせられ、今は遊んでばかりだと大ウソをつくと、「大学になる前に、内面を考えてみよう!」と理想論へ飛翔。しかし何故か話題が尽きると、ありがとうと言い立ち去って行き付いてくるようなことは有りませんでした。



さて、この2つに共通していることは、
何かに迷っていると装って話しかけてくる
しかし、答えてあげたらサッサとその話題から転換
個人情報を聞き出してくる
去り方は超アッサリ

ですね。要は、質問は話しかけるためのプロセスなだけで、実態は自分の心を清くしようだとか、自我を持とうだとかいう理想論ばかりを説きに掛かって来ているのです。で、理想を実現するためには……という流れに繋がっていきます。
個人情報聞き出しは、どのように折伏すればいいか年代別にマニュアル化されている中で、正確な年齢を聞き出しマニュアル通りの受け答えをするためでしょう。

最近では鉄道マニアに対しても勧誘を行うケースがあるようですので、皆様もこのような手口で人に話しかけられた際は、宗教勧誘の可能性も視野に入れてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。