Welcome to my blog

スポンサーサイト

(・∀・)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by(・∀・)

2011,3,5改正版平日ダイヤ 車両運用見たまま

(・∀・)

※この記事は予約投稿により投稿されたものです。3月11日の地震時のレポートの後から全ての撮影活動を中止している為、最低でも今後1週間は鉄道関連記事の更新は有りません。ご了承ください。
私自身の話ですが、正直写真を撮っている場合ではないというのが現状です。

3月7~10日の4日間で確認出来た事項を簡単にまとめます。


平日の西武新宿12:00・14:00発の快急は、今回のダイヤ改正から8両編成での運用となり、同時に西武新宿10:00発~15:48着の「快急ループ」が消滅しました。ちなみにこの電車、平日朝ラッシュ時唯一の8連優等の運用に入った後にこの運用に入り、西武新宿16:02発の急行で優等運用を終了し各停になります。
もう片方の快急と新宿10:00発・11:46着の快急は、2000系列の4+6編成です。

田無⇔玉川上水間の各停には初めて3000系が定期運用として充当されます。従来は8両固定編成(20000・30000系使用)の運用でした。田玉各停は2本使用ですが、もう片方の列車は2000系列の8両固定編成が運用に就くようです。こちらは従来は2000系列6両を使用していましたが、何らかの事情で8両に戻されたものだと思われます。
3000系は平日は3本ともフル稼働です。

平日のラッシュ時に有った10両3ドア車の運用は、281F・285Fの転属?により消滅しました。その代わりですが、301系使用の各停が存在するようです。現在確認出来ている限りでは、朝の上り2本のみ運転の狭山市始発各停の内6:45発の便に多く充当されているようですので、この運用が恐らく定期運用だと思われます。また新2000系2451Fは281F・285Fの分の穴埋めとして、新宿線に転属したものだと思われます。

その他、個人的な感想ですが20000系・30000系の運用、特に各停運用が増えた感じがします。その代わりに平日にも幾らか存在した新2000系の4+4運用が減った気がしますが、果たして実際どうなのかは分かりません。

各停は新所沢止まりの増加など、様々な変化が有りましたが車両運用に関しては大きな変化は無いようです。しかし優等列車に関しては、本数は維持しながら全体的な車両使用数を減らしたようです。

※4月24日追記
2000系列で本川越方に2連を繋ぐ「6+2」編成や「8+2」編成が、定期列車として運用されるようになったようです。10連の方は主に新宿16:40発の急行拝島行で見られます。8連は調査中ですが、上石神井出庫の列車として運用されているようです。

その他お気づきの点などございましたら、是非コメント欄まで。お待ちしています。
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。